水道トラブルが多いトイレの工事

水道 修理で多いトラブル箇所のひとつにトイレのトラブルが挙げられます。日常の中で日に何度も使用し、とても使用頻度が高いためトラブルも起こりやすい場所です。今ではほとんどの家庭が水洗トイレになり水回りのトラブルとして上位に挙げられます。トイレでのトラブルは主に、つまりと水漏れが挙げられます。その二つのトラブルが発生した際の応急処置を紹介します。 被害を最小限に抑えるために知っておくと慌てることなく済みます。

■トイレのつまりの対する応急処置

トイレトラブルの中でも上位に上がるトラブルにトイレの詰まりがあります。主な原因は大量のトイレットペーパーを頻回に流すこと、また、一般家庭でされている水道の水の節約方法としてトイレのタンクにペットボトルを入れるという方法があります。これによって流水量が少なくなり水は節約になりますが、水の勢いが弱くなり逆に詰まりの原因になることも少なくありません。
あまりにもひどいつまりであれば、自分では対処できず工事が必要になる場合もあります。万が一、詰まってしまった場合には、タンクに水を貯めて多くの水を一気に流すという方法や、ラバーカップで近くに詰まっている物を吸引するという方法などがあります。それでもつまりが改善しない場合には迷わず業者を呼びましょう。

■トイレでの水漏れに対する応急処置

トイレでの水漏れの原因は主に、トイレタンクからの水漏れ、便器からの水漏れ、給水、排水パイプなどの接合部分からの水漏れが挙げられます。部品の劣化や、排水管のひび割れなどによって起こることがあります。
水漏れを発見した場合にはまずは、水の元栓を閉めます。水が溢れだしている際にはしっかりとタオルや新聞紙でふき取りましょう。水の元栓を閉めることによって、水の流れを止めどこから漏れているのかが探しやすくなります。そして速やかに工事業者へ連絡しましょう。
トイレは毎日使う場所なので、放置せずすぐに修理を依頼しましょう。集合住宅などでは、床まで水漏れすることによって起こるほかの住民への二次被害も防ぐことにつながります。

■まとめ
水回りのトラブルで上位に上がるトイレ詰まりや水漏れといったトラブルですが、使用頻度が高い場所に加え、生活の衛生環境も大きく関わってきます。たとえトラブルが起きたとしても、修理、工事の業者が到着するまでの時間で正しい応急処置をすることで被害を最小限に抑えることができます。慌てることなく対処し被害を最小限に留めましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ