生活に欠かせない水道や給湯器の交換工事の目安時期と費用

生活に欠かすことができないお湯を作る給湯器ですが、建物を建てた際に設置するためなかなか故障に気づきにくい場合があります。そのため、気づいたときには部品だけでなく、給湯器 交換という大がかりな水道水回りの工事が必要になってしまうケースも少なくはありません。万が一の時に備えて知っておくと便利な情報をまとめました。

給湯器 交換の目安時期

設置して故障が出るまで、そのままにされやすい給湯器ですが、交換の目安時期がきちんとあります。特に故障がない場合でも目安は10年とされています。メーカーや製造年数などによっても異なりますが、長く使い続けると劣化や熱効率が悪くなってきます。
また、製造から10年以上経過していると、給湯器の工事の際にすでに部品がなく修理ができないこともあります。お湯の温度にばらつきが出たり、給湯器から変な音がしてきたりなどの異常を感じてから修理となると時間も費用もかさみます。そのため、10年という交換の目安があることを理解したうえで、定期的な点検や修理をすることをおすすめします。

■給湯器の交換や修理にかかる費用の相場

実際にトラブルが生じてしまった場合に、どのくらいの価格で修理ができるのかを知っておくことが事前の準備のひとつになります。まず、修理交換の際にかかる費用は本体価格と工事費用の二つに分かれます。
本体価格は、給湯器本体の値段です。業者や会社によっても異なりますが、約10万円から、高機能なものでは30万円ほどになります。この本価格にプラスして、工事費がかかります。4万円から6万円が相場となっています。以上が最低限必要な出費です。そのほかにも会社や業者によっては、出張料などを別に支払う必要がある場合も出てきます。今ではほとんどの業者で無料の見積もりを行っています。点検の際にでも交換の見積もりを取って、事前におおよその金額を知っておくことも事前対策のひとつです。

■まとめ
給湯器はなかなかトラブルに気づきにくい場所のひとつです。そして実際に異常を感じてからの対処では遅い場合も多くあります。10年という目安はあくまでも目安です。ライフスタイルの変化や、1年に一回の点検をすることによって大きなトラブルや出費を抑えることができます。毎日の生活の中で水道のお湯が使えなくなると困る場面がたくさんあります。生活に支障をきたす前に事前に交換時期の目安や予算を知り、対処しておくことが大きなトラブルを防ぐことにつながります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ