冬に多い水道工事の原因と発見方法

日常生活の中でお湯は生活になくてはならない物です。特に寒い冬はお湯が使えなくなると生活に支障をきたします。ですが、給湯器のトラブルの1つ、給湯器 水漏れは冬に起こりやすく、水道の工事に直結するトラブルの1つです。冬の寒さによる、給湯器の凍結、排水管の破損などが原因の水漏れが起こる場合があります。

給湯器 水漏れの原因

水漏れにはいくつかの原因があります。1つ目は、部品の劣化です。給湯器の寿命は約10年と言われていますが、キッチンやお風呂、洗面所とお湯を使う場所が多いこと、また世帯人数などによって使用頻度が高くなればさらに劣化は進みます。配管やパッキンの劣化は水漏れの大きな原因になります。
2つ目は、冬場の凍結です。特に寒い地域では水道が凍りやすく、水道のトラブルが増えます。また給湯器を外に設置している家庭が多くあります。寒さにさらされた給湯器は0度を下回ると凍ります。このような理由から水漏れにつながる破損が起こりやすくなります。破損状況などによっては、水道の排水管工事が必要になることもあります

■水漏れの発見方法

給湯器の水漏れを発見した際にまず行うことは、給湯器の電源を切ることです。ガスの給湯器からの水漏れは実は必ずしもトラブルを起こしているとは限らない場合があります。ガス給湯器は本体の故障を防ぐ機能として、自動的に水を抜くという機能が備わっています。そのため、どこからの水漏れなのかを確認するために、最初に給湯器を止める必要があります。
そして、どこから漏れているかを探します。水漏れ箇所として挙げられるのは、水抜き栓、配管接続部、本体です。水抜き栓の水漏れで一時的なものは問題ない場合がほとんどですが、それが続く場合には何か内部でトラブルが起きている可能性があります。配管接続部での水漏れは水の元栓を閉めてみて、それでもメーターが動くようであれば修理や交換が必要になる場合もあります。いずれにせよ、持続して水漏れが起こる場合には業者に連絡し点検を依頼しましょう。

■まとめ
給湯器の水漏れを発見した際には、まず給湯器を止め、漏れている箇所を探しましょう。放置しておくとガス中毒などの事故にもつながりかねません。冬場は特に水回りのトラブルが多い季節です。凍結しないように、屋外の給湯器には発泡スチロールでカバーしたり、タオルを巻くということも効果的です。水漏れトラブルを防ぎ、発見した際は慌てずに業者に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ